ゲーム&漫画・娯楽ブログ

漫画とゲームについて語ります。

劇場版シティーハンター

 

 最近暑い日と涼しい日の差が極端で、過ごしにくい夏ですね。

以前から制作が発表されていた 

劇場版シティーハンター

これの特報ムービーが公開されました。

いやぁうれしいですね。数年前の単行本の全巻購入特典の新作アニメ

りょうのプロポーズ

でもかなりうれしかったので今回の劇場版はその比ではないです。

f:id:edskun:20180808024614j:plain

f:id:edskun:20180808024658j:plain

 

f:id:edskun:20180808024715j:plain

りょうのプロポーズ

これは賛否両論でして、何故かというとまずシティーハンターの特典なのに何故リメイクのエンジェルハートのエピソードなんだ!というのと

北条先生の水彩タッチを表現しようとした作風が 手抜きだ!というものです。

まあたしかに何故エンジェルハートを・・というのはありますが、スタッフもエンジェルハートとしてではなくシティーハンターとして作ろうしたみたいで、絵もシティーハンターの18~20巻位のタッチを意識したそうですよ。

俺としてはエンジェルハートのテレビアニメのときにもこのエピソードがあったんですけど出来が悪くて満足出来なかったので作り直してくれてうれしいですけどね。

つぎにアニメが手抜きだ!問題。実はああいう風に作る方が手間がかかったりすんだけど・・・。

・・・またしても話題がズレてしまった。

 

りょうと香の声優が神谷さんと伊倉さんが続投、監督はこだまさんが、アニメ制作がサンライズ、というファンには堪らない情報とともに発表されていた劇場版シティーハンター

こういう場合、だいたい声優の方オールチェンジだし、制作会社や監督なんて別の方になるのが当然のこの時代に何と言う奇跡でしょう。

神谷さんといえばほかにケンシロウもやられておられますが、近年じゃめっきり演じられる機会もないですし。

ケンシロウはもう誰に変わろうが慣れっこですし、あの独特のしゃべりと怪鳥音(゙あたぁ゙のことね)の神谷ポイントを押さえればだいたいケンっぽく聞こえるからいいけど、りょうはもう

りょう=神谷明 

の方程式があるくらいアニメは神谷さんの演技で成り立ってますからね。

それで今回の特報PVですよ!

f:id:edskun:20180808031811j:plain

わぁ!こるとぱいそんだぁ!

f:id:edskun:20180808031955j:plain

ドゴォン!

カッケー!!!

f:id:edskun:20180808032132j:plain

香だ!

f:id:edskun:20180808032235j:plain

わーいやったぁ!麻上さん続投だ!

f:id:edskun:20180808032435j:plain

わーいやったぁ!玄田さん(以下略)

f:id:edskun:20180808032605j:plain

わーいやったぁ!(以下略) てゆーか、やっと目の下のホクロが!

f:id:edskun:20180808032735j:plain

おーおー!かっくいい!

f:id:edskun:20180808032818j:plain

わあ!光ってる!もう題名、劇場版シティーハンターのままなのかな?

うん。いいね。ゲワイ流れてるところが尚更。

今回キャラデザが現代にあわせたカンジになってますが俺的には全然OKです。

キャラデザされたのは高橋久美子という御方らしい。

前に思ったけど某漫画家の御名前に似てるよね。

近年でいえば

f:id:edskun:20180808033629j:plain

ガンダムUC

のアニメーションキャラクターデザイン(小説の安彦良和先生のデザインをアニメ用にデザインする)をされてましたね。

どうりでどことなく安彦感があったんだ。

でもね、思い返すとこれまでシティーハンターのキャラデザをされてた神村幸子さんも安彦先生の作品に参加することが多くてWikiじゃ゙安彦の片腕゙とまであったからね。人選もピッタリでしょう。

過去にもシティーハンター作画監督されてたし。

ただひとつ気掛かりなことが。

f:id:edskun:20180808034338j:plain

崩れてません?得に口の位置

そして

f:id:edskun:20180808034514j:plain

なんかおかしくない?目が離れすぎなのと左右のバランスが・・・

まあこういう特報PVは本編の映像にはない別途のものであることが多いし、気にしない気にしない!

 

<結論>

早くこい2月。